花粉症はなぜ突然発症する?気をつける時期と対策!よく効く医薬品は?

出典元:https://brand.taisho.co.jp/

こんにちは、TOBISIMAです。
私の天敵となる季節が訪れました。そう花粉症の季節です。
ようやく暖かくなり気持ちのいい季節ですが、一方で目の痒み、鼻のムズムズに悩まされる人が
多くなったのでは…
田舎暮らしの私もこんなに緑に囲まれた生活をしていても花粉症に悩まされたことはなかったのに、
数年前突如として、目の痒み、鼻のムズムズ、そして夜間の鼻の乾燥で朝鼻血まで出るようになりました。
この憎き花粉症の対策を少し考えてみました。

 

花粉症とは

花粉症は、花粉が体内に入るとそれを異物と認識して過剰に反応し、それによりくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起こる病気です。
なぜ突然発症するのかというと、それは体の免疫機能が花粉を異物と認識し始めるタイミングが個々の体質や生活習慣、さらにはストレス
などにより異なるからです。
花粉症の約70%はスギ花粉症だと考えられています。これはわが国には全国の森林の18%、国土の12%をスギが占めているためでもあり、
関東や東海地方ではスギが中心になります。また、関西ではスギと並んでヒノキも植林面積が広いため、ヒノキも要注意です。一方、
北海道にはスギやヒノキが少なくシラカンバ属(カバノキ科)が多いという特徴があります。

こんなに年中大量に飛んでいるのに症状なんて出ていなかった。というか、大量のアレルギー物質が大気中に飛んでるならやはりいつかは
訪れるものなのかなぁ

花粉症の

花粉症に気をつける時期は主に2つあります。
1. スギ花粉症: これは日本で最も多くの人が影響を受ける花粉症で、スギの花粉が原因です。スギの花粉は2月から4月にかけて飛散しますが、
地域や年度によっては1月の終わりから飛散を始めることもあります。
2. ヒノキ花粉症: ヒノキの花粉も日本で多くの人が影響を受けます。ヒノキの花粉は3月から5月にかけて飛散します。

これらの時期には、花粉症の予防対策を行うことが重要です。具体的には、外出時にマスクを着用し、帰宅後はすぐに手洗いと顔洗いを行い、
室内の湿度を適切に保つなどの対策があります。また、花粉情報をチェックして、花粉の飛散量が多い日は外出を控える、窓を開けて室内に
花粉を入れないようにするなどの対策も有効です。
後楽シーズン真っ只中に花粉は飛び回っているってことですね。

なぜ突然発症する?

花粉症が突然発症する理由はいくつかあります。

1. 環境の変化: 花粉の飛散量が増えると、それまで花粉症にならなかった人でも発症する可能性があります。また、生活環境が変わり、
新たに花粉に曝露されることで発症することもあります。

2. ストレスや生活習慣の影響: ストレスや睡眠不足、不規則な生活習慣などは免疫機能に影響を及ぼし、花粉症を発症させる可能性があります。

3. 年齢: 若い頃には花粉症の症状が出なかった人でも、年齢と共に体質が変わり、花粉症を発症することがあります。

4. 遺伝的要因: 親や兄弟が花粉症である場合、自身も発症する可能性が高くなります。

これらの理由から、花粉症は突然発症することがあります。花粉症の症状が出た場合は、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

よく効く薬はどんなものがある?

アレジオン 主成分:エピナスチン塩酸塩

特徴:眠気や喉の渇きといった副作用が起こりにくい、1日1回就寝前に飲むだけ。服用後30分を目安に効果が現れ始め、起床してすぐの
症状も抑えることができます。
価格:24錠:1770円
48錠:3619円

アレルビ 主成分:フェキソフェナ塩酸塩

特徴:アレグラと同様の成分のため、効果や副作用などはアレグラとほぼ同じだか、価格はこちらが安い。
価格:14錠:524円
28錠:633円
56錠:964円

アレグラ 主成分:フェキソフェナ塩酸塩

特徴:眠気や喉の渇きといった副作用がほとんど起きない。第二世代抗ヒスタミン薬で、花粉の飛散開始日から飛散終了頃まで継続的な服用を推奨している。
花粉症以外にも、ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎にも有効。
価格:14錠:1182円
24錠:1402円
56錠:2397円

鼻炎薬Aクニヒロ 主成分:dークロルフェニラミンマレイン酸塩

特徴:抗ヒスタミン成分をはじめ、5つの有効成分が鼻詰まりや頭重、涙目など様々な症状に効く。
クロルフェニラミンマレインは眠気を催しやすい成分のため、眠気や集中力の低下といった症状が出る可能性もあります。
価格:48錠:489円

ストナリニS 主成分:クロルフェニラミンマレイン酸塩

特徴:サトウ製薬が製造販売する鼻炎薬です。胃で溶ける外層と、腸で溶ける内核の二重構造で、1日1回の内服。
副交感神経を遮断する効果のあるダツラエキス配合で、辛い鼻水や鼻づまりの症状を緩和する。
価格:12錠:595円
18錠:722円
24錠:974円

あとがき(まとめ)

花粉症は、花粉が体内に入るとそれを異物と認識して過剰に反応し、それによりくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起こる病気です。
なぜ突然発症するのかというと、それは体の免疫機能が花粉を異物と認識し始めるタイミングが個々の体質や生活習慣、
さらにはストレスなどにより異なるからです。

特に花粉の飛散量が多い春の時期は、以下のような対策を心がけると良いでしょう。

1. マスクの着用: 特に外出時には必ずマスクを着用しましょう。これにより、花粉が鼻や口から体内に入るのを防ぎます。

2. こまめな手洗いと顔洗い: 外出から帰ったらすぐに手洗いと顔洗いをしましょう。これにより、体に付着した花粉を洗い流すことができます。

3. 室内の湿度管理: 乾燥した環境は、粘膜が乾燥しやすくなり、花粉が体内に侵入しやすくなります。適度な湿度を保つことが大切です。

花粉症の薬には、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、抗アレルギー薬などがあります。それぞれの薬は、症状の程度や体質により効果が異なるため、
医師の診断を受けて適切な薬を選ぶことが重要です。また、予防的に薬を飲むことで、症状を抑えることも可能です。

社会環境の変化だけでなく、ストレス等による免疫力の低下も発症に関連することが分かりました。
今後は、花粉の飛散時期にマスクやメガネ等で対策することも予防の一つですが、いつかは自分も発症するかもしれないという準備を
しとくことも大事じゃないかなぁと感じました。年々、花粉量は増えてきているのでお出かけの際は、天気予報で確認も大事ですね。